社内教育のプログラム

  • RSS

社内教育ということばもありますが、社内の人材に資格を取らせたり、訓練させたりして、教育し、会社の人材の質を上げることで、会社自体の質も向上させていこうというものですね。

そこでやはり社内教育には、表彰状を発行し、会社の代表取締役の名前で、代表印を押すということが社内の人たちのやる気を引き出し、ほめられた喜びというものを実感できるのではないでしょうか。
代表印というのは、社長そのものの意思を伝達していることの証明ですから、会社の与える教育にまじめに取り組み、成果を上げた社員たちにとって、代表印をもって評価して差し上げることは、大変充実した気持ちにさせるものですよね。
それが不思議なる代表印の魅力というものです。
何しろ、会社の従業員たちは、代表印のある文書をもらうことが非常にまれですから、一生懸命頑張ったことで、そういうよいものをもらうと、大変うれしいのです。
そしてますます社内教育のプログラムに積極的に参加し、勉学に励み、徐々に達成していくのではないでしょうか。
社内教育では、英語などの語学が一般的によくありますね。でも英語に限らず、取引先が外国であれば、その国のことばをマスターしてくれたら、その社員を同行して現地に出張できるのです。会社にとっても大変効率のよいことです。
それから品質管理という、品質に対する徹底した認識を育てるようなことも大切です。
頑張った社員には代表者から、よく頑張ったねという愛情を込めて、代表社名と代表印のある祝辞とか賞状を是非とも送りたいと思ってしまいますね。

このページの先頭へ